HOME>IR?企業情報>広報活動?資料?データ集>リリース情報>プレスリリース>2019年>BCP機能を備えた太陽光発電システムの第三者所有モデル導入について~オリックス、中部電力、バローホールディングスの3社で推進~

プレスリリース 2019年

BCP機能を備えた太陽光発電システムの第三者所有モデル導入について~オリックス、中部電力、バローホールディングスの3社で推進~

2019年12月16日

オリックス株式會社
中部電力株式會社
株式會社バローホールディングス

オリックス株式會社(本社:東京都港區、社長:井上 亮)と中部電力株式會社(本社:愛知県名古屋市、社長:勝野 哲)、株式會社バローホールディングス(本社:岐阜県多治見市、會長兼社長:田代 正美)は、このたび、BCP(事業継続計畫)機能を備えた太陽光発電システムの第三者所有モデル(以下、「PPAモデル」)をバローグループの店舗に導入することについて合意しましたのでお知らせします。

PPAモデルとは、第三者が電力需要家の敷地や屋根などを借り受けて太陽光発電システムを設置し、発電した電力を需要家に供給する事業モデルです。3社は、2020年6月に「スーパーマーケットバロー下恵土店」(岐阜県可児市)、「スーパーマーケットバロー三園平店」(靜岡県富士宮市)の2店舗にPPAモデルを試行的に導入する予定です。

オリックスは、各店舗に太陽光発電システム、リチウムイオン蓄電池、エネルギーマネジメントシステム(以下、「EMS」)を設置?運営し、太陽光によって発電された電力を各店舗に供給します。中部電力は、本サービスのアレンジャーを擔い、また、太陽光発電のみでは賄えない電力を店舗に供給します。

バローホールディングスにおいては、再生可能エネルギーの利用やEMSの省エネ機能により、本PPAモデルの設置前と比較してCO2排出量を抑制することが期待できます。また、自然災害などによる停電が発生した際には、自動的に蓄電池から電力が供給される系統に切り替わるため、非常時でも店舗運営を継続することができ、地域に食料品や生活用品を供給することが可能になります。今後、バローグループのスーパーマーケット他店舗やドラッグストアなどへの導入についても検討してまいります。

3社は、クリーンエネルギーの地産地消やBCP対策に積極的に取り組むことで、持続可能な社會の実現を目指してまいります。

平時と災害時の太陽光発電システムの図

【オリックス】

全國で約1,000MWの太陽光発電事業を展開しています(土地置き約100カ所、屋根置き約500カ所)。また、2013年にONEエネルギー(株)(東京都港區)を設立し、全國各地で家庭向けに蓄電池のレンタルサービスを提供し、約1萬件超の提供実績を有しています。

【中部電力】

2019年2月より太陽光発電の自家消費サービスを提供しています。再生可能エネルギーに由來する電気や価値をはじめとして、エネルギーなどを様々な形で取引できるサービスの提供やプラットフォームの構築により、お客さまのニーズにお応えしています。

【バローホールディングス】

溫室効果ガスの排出抑制とともに、再生可能エネルギーの創出に取り組んでいます。2018年度現在、スーパーマーケットやドラッグストアなどの75拠點に太陽光パネルを設置しています。

【機器の特徴】

機器の特徴の図

以上

番号网-波多野结衣番号-av番号