安全と健康への取り組み

目指すべき姿

目指すべき姿に関する情報を掲載しています。

目指すべき姿に関する情報の図

当社は、安全と健康は何よりも優先するという経営陣の強いコミットメントのもと、安全文化の醸成や健康経営の推進に積極的に取り組んでいます。また、2019年より安全や健康に特化した経営会議体を新たに設置し、従業員や当社事業に関わる方々の、安全や健康に関する諸課題を共有し、解決に向けた施策を審議、決定することで、より実効性のある活動を進めています。
2019年12月には、中部電力グループ安全健康基本方針を実現するための行動規範となる『安全健康行動原則』を制定しました。各部署の所属長は、この原則に対する部下の理解?浸透を積極的に支援することで、一人ひとりの主体的な行動へ繋げています。

安全健康推進会議

中部電力、中部電力パワーグリッド、中部電力ミライズ各社社長をはじめとする経営陣や、労働組合、外部有識者等を出席者とし、安全文化醸成や健康経営推進に向けた課題共有や解決に向けた施策の審議?決定をするために安全健康推進会議を設置しています。

安全健康推進会議の図

安全健康行動原則

すべての役員および従業員は、「すべてのケガは防ぐことができる。」「生涯にわたって健康であり続ける。」との揺るがない信念を持ち、いかなる場合も次のとおり行動する。

  • 安全と健康のための行動を称賛し、対話を実践する。
  • 仲間の成功や失敗から得た教訓を自らの行動に活かす。
  • あらゆるリスクを洗い出し、ただちに低減し、管理する。
  • 人への対策(意識、教育訓練、ルール)とモノへの対策(設備、装備)を共に充実させる。
  • 事業のパートナーと、安全と健康のために協働する。
  • 勤務時間外も安全に行動し、健康の保持増進に努める。

会社は安全と健康への施策および投資を継続する。

ページトップへ

av在线-av在线观看-欧美av在线观看