IR情報の開示について

情報開示に関する基本姿勢

当社は、株主?投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に対して、法令遵守のもと、適時適切な情報開示を正確、迅速かつ公平に実施することを基本姿勢としています。

情報開示の基準および方法について

当社は、投資判断に影響を与える重要事実について、金融商品取引法?会社法等関係諸法令および当社の有価証券を上場している証券取引所の定める適時開示規則に則り情報開示を行います。有価証券報告書等の開示については、電子開示システム「EDINET」を通じて、また、適時開示規則に基づく情報開示については適時開示情報伝達システム「TDnet」を通じて開示し、その後、当ホームページへも速やかに掲載いたします。

また、上記開示基準等に該当しない情報であっても、株主?投資家の皆様に当社への理解を深めていただくうえで有用と思われる情報については、積極的に開示するように努めております。報道機関へのプレスリリースや証券アナリスト?機関投資家向けの説明会の開催、IR取材対応等を通じた対話の促進、決算関連書類、アニュアルレポートをはじめとする発行物等、常により多くの投資家の皆様にあらゆる手段を用いて、迅速かつ公平に情報開示ができるよう努めております。これらの情報は可能な限り当ホームページへも掲載するようにしております。

将来の見通しについて

当社が開示する業績予想?将来の見通し等については、不確定な要素やリスク要因を含んでおります。

そのため、実際の実績などについては、開示された内容と大きく異なる可能性があります。

投資判断について

当ホームページに掲載された内容は、情報提供を目的としたものであり、当社株式等についての投資勧誘、あるいは売買の推奨を目的とするものではありません。実際の投資については、ご自身の判断と責任において行われるようお願いいたします。

クワイエット?ピリオド(IR沈黙期間)について

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ、情報提供の公平性を確保するために、決算発表日前の3週間をクワイエット?ピリオド(IR沈黙期間)として定め、IR活動を自粛しております。当該期間中は決算内容に関する情報提供や質問に対する回答を差し控えさせていただきますので、ご理解いただきますようお願いいたします。

ページトップへ

av在线-av在线观看-欧美av在线观看