プレスリリース

プレスリリース

電力スマートメーターの通信網を活用したガス自動検針サービスの導入に関する基本協定の締結について

2020年08月19日
カニエJAPAN株式會社
中部電力株式會社

記事をシェアする

カニエJAPAN株式會社(愛知県海部郡蟹江町、代表取締役:黒川 智勝、以下「カニエJAPAN」)および、中部電力株式會社(名古屋市東區、代表取締役社長:林 欣吾、以下「中部電力」)は、中部電力が提供するスマートメーターの通信網を活用したガス自動検針サービスのカニエJAPANへの導入について合意し、本日、基本協定(以下、本協定)を締結いたしました。

カニエJAPANは、中部電力のスマートメーター通信網を活用し、LPガス使用量、ガス漏れ等の警報情報、ガス殘量データの遠隔取得およびLPガスメーターの遠隔遮斷?復帰等に関する新たなシステムを構築してまいります。今後、本協定に基づき、2021年から愛知県?岐阜県?三重県においてLPガスメーターへの無線通信端末の設置を進め、自動検針等を行うことで、お客さまサービスの向上に努めてまいります。

中部電力は、社會課題の解決に貢獻するコミュニティサポートインフラ事業の一環として、電力スマートメーターの通信網を活用し、LPガス?都市ガス?水道事業者の自動検針導入を支援してまいります。

【ガス自動検針サービスのイメージ】

ガス自動検針サービスのイメージの図 

以上

ページトップへ

av在线-av在线观看-欧美av在线观看